FLExICT Expo 2019 (外国語教育 x ICT)

 

日 時:2020年2月23日(祝) 9:00〜17:00      [イブニングセッション] 17:30〜19:00

場 所:大阪工業大学梅田キャンパス OIT梅田タワー2階セミナー室(201/202/203)

テーマ:外国語教育・ICT・Active Learning・Classroom Tipsの融合

 

ゲストスピーカー

正頭 英和 先生(立命館小学校)

江藤 由布 先生(京都聖母学院・香里ヌヴェール学院中学校高等学校)

加野 まきみ 先生(京都産業大学)

 

参加費

モーニングセッション・ランチョンセミナー・アフタヌーンセッション 無料

イブニングセッション (17:30〜19:00) 2,000円

(科研費からお食事分の補助があります。アルコール分(飲み放題)としてご負担をお願いします。)

 

主催

神谷健一科研

共催

清原文代科研大前智美科研堂浦律子科研大阪工業大学 デジタル教育開発センター デジタル教材開発プロジェクト”Smart Learning Lab"外国語教育メディア学会関西支部電子語学教材開発研究部会一般社団法人センセイワーク大阪工業大学梅田キャンパスOIT梅田タワー

協賛企業

株式会社アルク株式会社教育測定研究所株式会社内田洋行ジョイズ株式会社iJapan株式会社


ごあいさつ

 

主催者代表         

神谷健一 (大阪工業大学)

 

従来、学問の発展は学会誌によってアーカイブ(蓄積)されて行くことが通例でした。では、外国語の授業実践という領域があるとすれば、それを扱う組織は一体どこでしょうか。残念なことに学会という組織は幼稚園・小学校・中学校・高校の先生方にはかなり敷居が高いものです。このイベントの最大の目的はその敷居を低くして、外国語教育に携わる方々が対等な立場で議論を行うということです。

 

今日では英語などの外国語教育が小学校にも降りてきています。また、国際化の進展に伴って早期英語教育も話題となることが多くなりました。このような中、これまで外国語教育を行ったことがない幼稚園・小学校の先生方はどのような工夫をされているのでしょうか。また、外国語教育を正規の教科として担当してこられた中学校や高校の先生方はどのような工夫をなされているのでしょうか。ともすれば中学校や高校の先生方の方こそ進んで授業設計や授業運営を行われており、私たちのように大学で外国語を教える教員が学ばせていただかなければならないようなこともあるのではないかと考えます。そしてこのような取り組みについて情報交換を行うことは、本当の意味での幼小中高大連携、あるいはその先にある生涯教育とも連携できる可能性があると言えるのではないでしょうか。

 

このイベントでは「外国語教育」「ICT」「アクティブ・ラーニング」「クラスルーム・ティップス」の4つのうち、少なくともどれか2つに当てはまるものを全国の方々から広く募集し、その実践事例をアーカイブ(蓄積)するという欲張りな試みにチャレンジしたいと考えております。

 

幼小中高大や生涯教育など全ての外国語教育関係者のご参加を歓迎いたします。


お知らせ(2019.12.8更新)

  • 一般発表枠はほぼ全て埋まりました。今後は発表予稿集へのアーカイブのみ承ります。ただし、特に発表を希望される場合、若干集客に不利であると予想される枠であればまだ空いておりますので kmyken1 [at] gmail.com までご相談ください。
  • 一次審査応募用のフォームは閉鎖しました。

 

お知らせ(2019.10.31更新)

  • 先着10枠程度の一般発表を受付いたします。(先着順に漏れた方は発表予稿集へのアーカイブのみとなります。)
  • 昨年度実施内容(詳細は 2018年度発表予稿集 をご参照ください)および下記のテーマ(科研メンバー等による優先枠)以外でご発表いただける内容を募集します。(以下は全て仮題)
    • EdTech時代の学び方 〜知識から体験へ〜
    • 多読学習の可能性とM-Readerを使った効果的な学習プログラムについて
    • Audacity による教材音声加工・編集
    • G Suite for Educationを用いた英語学習プラットフォームの構築
    • グループワーク支援ツールとしてのMicrosoft Excel
    • 合理的配慮に役立つツールは外国語学習にも使える
    • ログインなしでファイルを提出ー簡易LMSの提案
    • 『文変形提示ツール』を活用した授業の実践ー「補語人称代名詞」を中心に
    • VRによる英語学習
    • Quizlet Live
    • ST labの多言語対応
    • AR単語帳
    • VR学習システム
    • IBT英語ライティングテストの試み
    • Mahara の利用
  • ご発表を希望される方は科研メンバーによる一次審査を行いますので、こちらから必要事項(タイトル・発表要旨200字など)をお送りください。結果はご応募後、10日以内にお知らせいたします。
  • 一次審査を通過された方から実践の詳細をご記入いただくフォーマット(共通設問1ページ強を含む4ページ以上、8ページ以内)をお送りいただきます。最終提出期限は2020年1月31日(金)とします。

研究協力者・原稿料・当日登壇料について

  • ご発表いただいた方々は神谷健一科研の研究協力者としてお名前を最終報告書に記させていただくことに加え、原稿料・当日登壇料をQuoカードにてお渡しいたします。金額は以下の通りです。
    • 当日ご登壇いただく場合(ランチョンセミナー):4000円
    • 当日ご登壇いただく場合(モーニングセッション・アフタヌーンセッション):3000円
    • 当日ご登壇いただく場合(イブニングセッション):2000円
    • 当日ご登壇のない場合(当日欠席・アーカイブのみ):1000円
  • 公立学校等にお勤めの場合、原稿料・当日登壇料の受け取り承認等の手続きを当日までに行っていただきますようお願いいたします。(お申し出のない場合はお渡しいたします。)

参加申込について

  • https://peatix.com/event/1356805/view から事前のお申し込みが必要です。(参加者数の調査を兼ねています)
  • 初めて peatix をお使いの場合はアカウント登録が必要です。
  • アカウントを新規登録された際、うまくイベントページに入れない場合があるようです。その場合は https://peatix.com/event/1356805/view に再度お入りいただくとチケット申し込み画面が表示されます。
  • 17:00までの無料セッションにご参加の方は「無料セッション参加券」をお申し込みください。
  • 17:30からのイブニングセッションにご参加の方は「無料セッション参加券」「イブニングセッション参加券」の両方をご購入ください。お支払いはクレジットカード払い、コンビニ払いなどに対応しております。